第9回 春季研究集会のご案内

ソーシャルワークのグローバル定義についての演習教育

-『すぐに使える︕ 学生・教員・実践者のための ソーシャルワーク演習』から-

日時
2019年3月24日(日)13:30~16:30
会場
日本福祉教育専門学校
(東京都新宿区高田馬場2-16-3)
参加費
1,000円
※大学院生・学生は無料
※当日受付でお支払いください
後援
日本社会福祉系学会連合、ソーシャルケアサービス従事者研究協議会(予定)
講師
ソーシャルワーク演習研究会
北爪 克洋 氏(東京福祉大学)
田嶋 英行 氏(文京学院大学)
庄司 妃佐 氏(和洋女子大学)

趣旨

  • 「ソーシャルワーク演習研究会」は,2013 年度より社養協(現 ソ教連)関東甲信越ブロック活動として,ソーシャルワーク演習の授業方法の検討,新たな演習教材の開発を行ってきた。
  • その間,ソーシャルワークをめぐる状況は大きく変わり,国際的にはグローバル定義の改訂がなされ,国内においては「新たな時代に対応した福祉の提供ビジョン」がまとまり,それをさらに深化させた取り組みが進められている。
  • ソーシャルワーカー養成のあり方も見直され,演習授業においても,自己覚知や面接技術等のこれまでの演習課題に加えて,「プレゼンテーション」「ファシリテーション」「ネゴシエーション」「多様性尊重」「集団的責任」といった新たな課題が求められていると認識し,研究会ではそれらの課題を積極的に取り上げてきた。
  • 今回は、「多様性の理解」と「人権と人間の尊厳・集団的責任」,この2 つの課題の授業方法を「すぐに使える! 学生・教員・実践者のためのソーシャルワーク演習」として提案したい。

当日スケジュール

13:00-13:30受付
13:30-13:35開会挨拶
13:35-13:40はじめに︓北⽖ 克洋 氏
13:40-14:40模擬授業①「多様性の理解」︓⽥嶋 英⾏ 氏
14:40-14:50質疑応答
14:50-15:00休憩
15:00-16:00模擬授業②「人権と人間の尊厳・集団的責任」︓庄司 妃佐 氏
16:00-16:10質疑応答
16:10-16:20おわりに︓北⽖ 克洋 氏
16:20-16:30閉会挨拶

第9回春季研究集会チラシはこちら

参加申し込みはこちらから

3 月15 日(金)までにお申し込みください。
※電話、FAX などでの参加申込は受け付けておりません。

お名前必須
ふりがな必須
メールアドレス必須
会員・非会員
会員番号
非会員・入会手続き中の方は無記入で結構です。
会員番号が分からない方もそのまま送信して下さい。
社会人・学生必須
学校または所属必須
備考・特記事項

お問い合わせ 入会のご案内

日本社会福祉教育学会事務局

東北公益文科大学 小関研究室
〒998-8580 山形県酒田市飯森山3-5-1
TEL:0234-41-1288
FAX:0234-41-1192

ページトップへ