役員選出規程

第1条(目的)
本規則は、学会規約第12条に基づき、学会役員を選出する手続きを定める。
第2条(選挙管理委員会)
選挙のために選挙管理委員会(以下、委員会という)を設置する。

  1. 委員会は、3名の会員によって構成し、互選によって1名を委員長とする。
  2. 委員会の委員は、理事会の議を経て、会長が指名する。
  3. 学会事務局は、選挙事務を補佐する。
第3条(委員会の事業)
委員会は次の事業を行う。

  1. 選挙の公示
  2. 被選挙権保有会員名簿の作成及び公示
  3. 投票用紙の作成・配布・回収
  4. 開票及び有効・無効票の判定
  5. 選挙結果の理事会への報告
  6. その他、選挙が公正に行われるために必要な事項
第4条(選挙権及び被選挙権)
会員は、選挙のある年度の前年度までに入会を認められ、入会金及び前年度までの会費を前年度中に納入済みである場合に、選挙権及び被選挙権を有する。
第5条(選挙期日)
役員の任期満了による選挙は、任期終了日の2ヶ月前までには行われなければならない。

  1. 選挙の公示は、投票日の1ヶ月前までに行われなければならない。
第6条(投票)
投票は、理事については4名連記、監事については2名連記で行う。
第7条(無効投票)
次の票は無効とする。

  1. 正規の投票用紙を使用しないもの。
  2. 1票に指定された連記数を超えて記載しているもの。
  3. 記載された氏名について判読不能のものは、その箇所を無効とする。
  4. 記載された氏名が、被選挙権を有しない者である場合は、その箇所を無効とする。
  5. その他、委員会が無効と判断したもの。
第8条(当選人)
有効投票の多数を得た順に、当該選挙によって改選される理事定数の3分の2を、監事については改選数を当選人とする。

  1. 最低順位の当選人が2名以上出た場合は、抽選によって当選人を決定し、残りのものは次点とする。
  2. 理事と監事の両方に当選した者は、理事の当選を優先し、監事の次点の者を繰り上げる。
  3. 当選人が任期開始後1年以内に辞任した場合は、当該選挙での次点の者によって補充することができる。
  4. 第1項の直接選挙によらない3分の1の理事については、現理事会の推薦によって選出する。
第9条(その他)
この規則の施行に関して疑義が生じた場合は、委員会は理事会へその旨を通知しなければならない。
第10条(規則の改正)
本規則に関する改正は、理事会の発議により総会で決定する。
付則
  1. 本規則は、2007年11月2日から施行する。
お問い合わせ 入会のご案内

日本社会福祉教育学会事務局

東北公益文科大学 小関研究室
〒998-8580 山形県酒田市飯森山3-5-1
TEL:0234-41-1288
FAX:0234-41-1192

ページトップへ