第12回春季研究集会のご案内

新・社会福祉士養成カリキュラムにおける240時間実習のあり方について

日時

2022年3月5日(土)13:00〜15:30 (オンライン開催)

趣旨

社会福祉士が国家資格化されて約30年が経過し、この間2回のカリキュラム改変が行われ、2021年度入学生より第3期の新カリキュラムが制定された。そこでは、福祉行政における地域共生施策の推進に合わせて、ソーシャルワーク専門職としての社会福祉士養成の位置付けが強化されている。それに従って、養成各科目における「相談援助」から「ソーシャルワーク」への転換、「講義—演習—実習」の学習循環、マクロ実践の強化等を目指して、2021年度より各養成校において新カリキュラムの導入が行われているところである。

その中でも、これまでの180時間の実習では、「ソーシャルワーク専門職」としての体験が不足しているという考え方から、実習時間が60時間延長されて240時間以上となり、また、実習体験の場を異なる2箇所以上で行うことになった。しかしながら、この240時間の実習を2箇所で行う実施方法については、各養成校の裁量によって異なっており、2箇所実習の時間の割り方、また2種類の実習をどの時期に行うかといったことについては、複数のパターンに渡ることになり、このことは実習を受ける実習施設にとっては混乱を生じさせることにもなりかねない。

そこで、今回の春季研究集会では、2023年度より本格的に240時間実習が開始されるにあたって、実習の実施方法の異なる養成校の考え方、また実習を受ける実習指導担当者の考え方を共有した上で、より効果的な240時間実習のあり方について検討を行う機会としたい。

スケジュール

13:00開会
13:05~13:35基調講演
「新・社会福祉士養成カリキュラムの全体像及び240時間実習の概要について」
添田 正揮(日本福祉大学)
13:35~14:55シンポジウム
○シンポジスト:
廣野 俊輔
(同志社大学 養成校①1回生と3回生で実施) 
高橋 味央
(関西学院大学 養成校②3回生で40時間と200時間で実施)
藤田 益伸
(神戸医療福祉大学 養成校③:短期の実習を3回生後半、4回生で実施)
津田 克己
(児童家庭支援センターしらゆり・児童養護施設グイン・ホーム 実習指導者)
○コメンテーター:
添田 正揮(日本福祉大学)
○コーディネーター:
川島 惠美(関西学院大学)
14:55~15:05休憩
15:05~15:30コメント、質疑、まとめ

参加費

無料

参加申込締切

2022年2月23日(水)

※オンライン開催のため,当日参加はできません。必ず事前参加登録をお済ませくださいますようお願いいたします。

参加申し込みフォーム

https://forms.gle/3YEjcPFhQzRy16im7
※申し込み期間は,2/23(水)までです。

課題研究分担者及び研究協力者公募結果について

2021年12月3日(金)~2021年12月24日(金)の期間で公募していました学会課題研究「ICT を活用した社会福祉教育のあり方に関する総合的研究」の研究分担者及び研究協力者の選考結果をご報告します。

研究分担者・ 研究協力者 の公募 結果について(PDF)

課題研究分担者および研究協力者の募集

本学会で課題研究を進めるにあたり,研究分担者および研究協力者を募集します。

公募要件

(1)研究分担者(2~3名)

  1. 本学会会員であること。
  2. 2年間の研究活動に参画できること。

(2)研究協力者(2~3名)

  1. 社会福祉士・精神保健福祉士実習指導経験(実習指導者資格)を有すること。
  2. 2年間の研究活動に参画できること。

(3)公募期間と方法

  1. 2021年12月3日(金)~2021年12月24日(金)
  2. 添付の書式に記入し学会事務局に郵送すること。

郵送先等の詳細は,公募要項をご確認ください。
2021.課題研究分担者公募要項(PDF)

提出書類

  1. 履歴書(Word)
  2. 教育研究業績書(Word)

第17回大会の事前参加申込を開始しました。

第17回大会の事前参加申込を開始しました。
参加登録期間は6/11(金)12:00までです。
詳細は大会ページをご確認ください。

日本社会福祉教育学会 第17回大会のご案内はこちら

長崎より世界ソーシャルワークデー動画が届きました

長崎国際大学と長崎ウエスレヤン大学の学生が世界ソーシャルワークデー(3月16日)に合わせて動画を作成しました。

”明日に向けて,長崎の社会福祉学科生がこちらの挨拶動画を作りました。”とのことです。

第17回大会の自由研究報告の演題募集を開始しました

第17回大会の演題募集を開始しました。また,学会企画シンポジウムの内容を掲載しました。

日本社会福祉教育学会 第17回大会のご案内はこちら

第11回春季研究集会の資料集

第11回春季研究集会の資料集を掲載しました。以下のリンクからダウンロードしてください。

ダウンロードはこちら

第11回春季研究集会のご案内

第11回春季研究集会申込〆切を延長します

3/13(土)に開催されます第11回春季研究集会の参加申込を3/10(水)まで延長いたします。 みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

春季研究集会の申し込みはこちら

東アジア小地域APASWEシンポジウムが3月26日に開催されます

日時 :2021 年 3 月 26 日(金)、北京時間 14 時・ソウル及び東京時間 15 時

プログラム (2 時間)

開会挨拶と導入説明(10 分)
・デイビッド  ローズ(メルボルン大学・APASWE 事務局長)

シンポジウム概要と趣旨説明(10 分)
・ヴィラーグ  ヴィクトル(長崎国際大学・APASWE 理事)

各国報告(アルファベット順)
– 中国 (20 分)沈  黎(上海師範大学)
– 日本 (20 分)和気  純子(東京都立大学)
– 韓国 (20 分)イム  ジョンウォン(江南大学)

ディスカッションと質疑応答(30 分)
・モデレーター:藤岡  孝志(日本社会事業大学・APASWE 会計担当理事)
   ヴィラーグ  ヴィクトル(長崎国際大学・APASWE 理事)

総括コメントと閉会挨拶(10 分)
・ズルカルナイン ハタ(リンカン大学カレッジ・APASWE 会長)

登録  3 月 24 日(水)東京時間深夜 24 時まで
https://forms.gle/EQNKgbLJp5BPWwSs8

※ 2021 年 3 月 25 日(木)までメールを通じて Zoom のリンクをお知らせします。

コーディネーター及びお問い合わせ
virag@niu.ac.jp  ヴィラーグ  ヴィクトル(長崎国際大学・APASWE 理事)

パンフレットPDF

世界ソーシャルワークデー2021企画シンポジウムが3月7日に開催されます

【研修】世界ソーシャルワークデー2021企画「コロナ禍におけるアジア諸国のソーシャルワーク実践~コミュニティ・レジリエンスとメンタルヘルス・ウェルビーイングのありかたを学ぶ!~
World Social Work Day 2021

日程:2021年3月7日(日)13時~16時
場所:オンライン(Zoomウェビナー)
定員:300名 参加費無料
備考:開催要項(日本語)/開催要項(English)
申込はhttp://jfsw.org/what-we-do/internationa-collaboration/wswd/

アジア各国のソーシャルワーカーがコロナ禍でどの様な実践に取り組んでいるか,また,メンタルヘルスの課題についても報告があるそうです。

全編,同時通訳が入り安心してご視聴頂けるとのことです。

アジア諸国におけるSWr実践を知るまたとないチャンスをご紹介いただきました。 JFSWのページから入り事前登録を宜しくお願い致します。

パンフレットPDF

お問い合わせ 入会のご案内

日本社会福祉教育学会事務局

東北公益文科大学 小関研究室
〒998-8580 山形県酒田市飯森山3-5-1
TEL:0234-41-1288
FAX:0234-41-1192

ページトップへ